移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

【NZワーホリ】オークランドのデボンポートに行ってきた!【観光編】

 

ニュージーランド最大の都市オークランド

ニュージーランドに来てから、2カ月が経過しましたが、初めてオークランドに1週間ほど滞在しました!

ニュージーランドにワーホリに来てから、ずっとロトルアにいたので、随分都会に感じましたが、さすがはニュージーランド。

都市部でも海が綺麗でした!

 

今回はオークランドの風光明媚な観光スポットのデボンポートを紹介します!

 

デボンポートへはフェリーで行く!

デボンポートは、オークランド市街地からワイテマタ湾を挟んだ半島にあります。

デボンポートへは車でももちろん行けますが、市街地からフェリーを使って、15分ほどで行くことができます。

 

フェリー乗り場は、オークランド中心地のBritomart駅から徒歩数分のところにあり、30分に1本の頻度でデボンポートへと出航しています。

https://www.fullers.co.nz/timetables-and-fares/?from=AUCK&to=DEVO

 

オークランド市街地とデボンポートまでの運賃は往復で、15ドルほど。

日本円にして1000円ちょっとほどで行けます!

 

ちなみに、オークランドに長期滞在する人や、他の公共交通機関を使う人はAT HOPカードを作っておくことをお勧めします。これは日本でいうところのSuicaみたいなもので、カード自体を作るのに10ドルかかりますが、メリットとして運賃の割引があったり、小銭を出す手間が省けます。

AT HOPカードは、市内のフェリー乗り場でも作ることができ、Top-up(チャージ)は駅に設置してあるマシンやコンビニでもできます。ついでに言うと、AT HOPカードをかざして乗り物に乗るときはtag on、降りる時はtag offと呼びます。

 

いざデボンポートへ!

実際にフェリーに乗ってみました!

デボンポート行きのフェリー乗り場はpier1です。

f:id:sentimental-monkey:20200222111419j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222111407j:image

 

シティ・オブ・セイルズ(帆の街)と言われるだけあって、鉄道並みの気軽さでフェリーに乗ることができます。

f:id:sentimental-monkey:20200222113002j:image

 

フェリーの内側はこんな感じです。

f:id:sentimental-monkey:20200222113106j:image

ちょっとした売店でワインも買うことができます。

 

いざ、離岸!

f:id:sentimental-monkey:20200222113217j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222113211j:image

 

景色を楽しんでいると、すぐにデボンポートに着きました。オークランド市内とはまた違った雰囲気です。デボンポートのフェリー乗り場の近くには、釣り糸を垂らす人たちがいたり、ビーチがあったりします。

f:id:sentimental-monkey:20200222113619j:image

 

腹が減ったので、フィッシュ&チップスとビールを飲みました。ニュージーランド料理は、フィッシュ&チップスが一番ポピュラーな気がします。

f:id:sentimental-monkey:20200222114052j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222114058j:image

 

そのあとは、マウント・ビクトリアに登りました!

標高5000mはくだらなさそうな随分ご大層な名前をつけられていますが、なんてことはない丘です。

歩いて15分あれば、頂上につきます。

労力をかけることなく、オークランドを一望できますよ!

f:id:sentimental-monkey:20200222114535j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222114548j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222114543j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222114518j:image
f:id:sentimental-monkey:20200222114528j:image

 

デボンポート、おすすめスポットです!

オークランドに来ることがあれば、ぜひぜひ!

 

オークランドからは、ワイヘキ島やランギトト島、グレートバリア島など、自然豊かなところにもいくことができるので、機会があれば、島の方にも行ってみたいと思います!