あまのじゃくのきまぐれ

失敗談多めの、涙の味で塩辛いブログです。

【ジャワ島のパリ】インドネシア第3の高山都市バンドンを観光してきました!!【バンドン市内観光編】

 

インドネシアの軽井沢バンドン

ぼくはインドネシアのジャカルタ滞在していたのですが、ずっとインドネシアの経済都市ジャカルタで過ごしているのも勿体無いと思い、ちょっとした気まぐれでバンドンに行ってきました!

 

バンドンは、インドネシア第3の都市とも言われるところで、人口は約250万人の大都市です。インドネシアの都市は人口密度が大変なことになっているのですが、バンドンも中々の人口密度です。

バンドンは高山にある都市なので、気温は涼しく、インドネシアの軽井沢とかジャワのパリなんて言われています。ジャカルタからは電車で3時間ほどで行けるので、土日になるとジャカルタからぶらっと小旅行で訪れる人も多いとか。

 

ちなみに、ジャカルタとバンドンでは同じ国でありながら民族の比率も違います。

ジャカルタはジャワ人が一番多いのですが、バンドンはスンダ人の中心地です。インドネシアは多民族国家で、300もの民族がいるので、地域によって、文化が少しずつ違います。(民族衣装、宗教、肌の色までも)

 

それゆえにインドネシアは民族軸の対立と宗教軸の対立があるので、政情の難しい国らしいです。

・・・・・・。

話が脇道にずれちゃったので、バンドンの話に戻りまーす!

ジャカルタからバンドンまでは電車がおすすめ

ジャカルタのガンビル駅から電車に乗って、バンドンに向かいます。車でも行けますが、交通渋滞に巻き込まれない電車の方がおすすめです。

f:id:sentimental-monkey:20190918195134j:image

ガンビル駅には猫も平気でいます。

f:id:sentimental-monkey:20190918195242j:image

料金はグレードにもよりけりですが、電車賃はおおよそ1100円くらいです。

 

3時間ほど、のんびりと山あいを見ているとバンドンに着きます。

f:id:sentimental-monkey:20190918195212j:image

ちなみに、このバンドンまでの電車は「世界の車窓から」にも使われたチクバン鉄橋という橋を渡ります。鉄橋を渡っている様子は列車の中からきちんと分かるわけではないんですけどね。

気になる方は調べて見てください。かなりすごいところを電車が通ります。

 

着きました!バンドン駅!

f:id:sentimental-monkey:20190918195329j:image

 

モスクタワーに登ろう

まずは腹ごしらえです。バンドン駅から南に行ったところのフードコートに入りました。「sudirman food street」というところです。

いきなり豚肉料理!ビール!

f:id:sentimental-monkey:20190918195400j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195356j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195404j:image

 

インドネシアは基本的にイスラム教の国なので、豚もお酒も置いてあるところが少ないのですが、豚肉もビールも普通に置いてありました。

イスラム教徒が少ない地域なのかな?

 

このフードコート、夜になると賑わうみたいなのですが、昼間に行ったので、まだ賑わっていませんでした。今度は夜に行ってみたいですね。

 

腹ごしらえが終わったあとは、バンドン市内で最大のモスク「バンドングランドモスク」へ行きました。

ここは市民の憩いの場にもなっているモスクでした。

f:id:sentimental-monkey:20190918195443j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195437j:image

ここのモスクにはちょっとしたタワーがあって、街全体を展望できるみたいだったので、5000ルピアを払い、登ってみました。

 

それがこちら!

f:id:sentimental-monkey:20190918195514j:image

う〜む。正直、パリ感はないかな。

モスクタワーのエレベーターボーイはずっとスマホで動画を見ているし、タワーから降りる時はエレベーターを呼ぶボタンが壊れていたりもしたので、インドネシア感を味わいました!笑

 

アジア・アフリカ会議博物館で歴史のお勉強

世界史をやっていたことがある人なら、バンドンという名前に聞き覚えがあるはず。

1955年のアジア=アフリカ会議の開催地がこのバンドンだったのです。 この会議はバンドン会議とも言われています。

まだこの時期の南半球には植民地として占領されている国も多く、この会議はアメリカやヨーロッパ諸国を除く国々を中心に、反帝国主義という立場を取り、平和十原則が宣言されました。

・・・と、ウィキペディアに書いてありました。

 

そのバンドン会議の開催地だったところを見に行きました。今は博物館になっています。

博物館の周りは、オランダ統治時代の建物が残っていて、おしゃれな感じです。

ちなみに、バンドンはオランダとの独立戦争で、激しい戦闘のあった場所でもあります。

f:id:sentimental-monkey:20190918195550j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195555j:image

 

観光バスもファンシー。

f:id:sentimental-monkey:20190918195613j:image

 

博物館はこんな感じ。歴史が作られた雰囲気が体感できます。

・・・・・・。

歴史が作られた雰囲気・・・?なんだそりゃ?

f:id:sentimental-monkey:20190918195734j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195741j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195746j:image

 

当時、大統領だったスカルノの肉声も聞けます。イッテQできゃっきゃしているデビィ夫人はこの大統領の第3夫人。

個人的には対談していたと言われる椅子が小さくてびっくりしました。

f:id:sentimental-monkey:20190918195806j:image

いやあ、勉強になりました。

・・・・・・。

勉強したってば!!

 

おしゃれな通りブラガ通りへ

バンドンにはブラガ通りという飲み屋街があります。

おしゃれなカフェとか、バーがたくさんあります。

f:id:sentimental-monkey:20190918195849j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195843j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195854j:image

 

ギャラリーもたくさんあります。

f:id:sentimental-monkey:20190918195939j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195931j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195934j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195928j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918195944j:image

たしかにパリ感ありますね。

この辺をぷらぷら歩いておりました。

 

宿はパドマホテル

今回の旅、実は一人旅ではなかったのですが、宿はゴージャスにということで、パドマホテルに泊まりました。

いやあ・・・。ここがねえ。すごかったんですよ・・・。

部屋から見た風景がこちら。

f:id:sentimental-monkey:20190918200026j:image

リラクゼーションかっ!!

 

ホテル飯。

f:id:sentimental-monkey:20190918200052j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918200055j:image

うひゃああああああああああああああああああああああああ。うめえええええ。おら、蕩けちまうだあああああああああああああああああああ。

ビールで蕩けました。

 

朝食の風景

霞の向こう側でカラフルな鳥が鳴いている感じ。トロピカル。

f:id:sentimental-monkey:20190918200117j:image
f:id:sentimental-monkey:20190918200121j:image

人生で一番目覚めが良かったのはいうまでもありません。 

 

・・・・・・こんなところに泊まっていいのか。俺は。

つい、自問してしまいました。

 

バンドンに来た際に、お財布に余裕にある方はこのパドマホテルにお泊まりすることを大いにおすすめします。

 

秘境カワプティの記事は次回に!