あまのじゃくのきまぐれ

失敗談多めの、涙の味で塩辛いブログです。

【ジャカルタ滞在記】世界一高価なコーヒー、猫のうんコーヒーこと、「コピ・ルアク」を飲んできました。

猫の糞コーヒーはインドネシア発祥

丁度、ぼくは今、ジャカルタに滞在しているので、どうせならと思い、インドネシア発祥である猫の糞コーヒーを飲んできました。

猫の糞コーヒーと言うのは、ジャコウネコという種類の猫にコーヒー豆を食べさせて、

未消化の糞の中のマメを挽いて飲んでしまおうという、変態の極地みたいなことをして飲むコーヒーです。

おそらく聞いたことはあるんじゃないかなと思います。

 

猫の糞コーヒーは、インドネシアの言葉で「コピ・ルアク」と言われます。

この「コピ・ルアク」、ネコの糞の分際で、超高級コーヒーなんですよ。

 

例えば、日本で飲もうと思うと、1杯3000円〜8000円取られるらしい・・・。

その点、インドネシアだと、高級コーヒーであることには変わりはありませんが、

インドネシアで生産(という言い方もおかしいんだけど・・・)ので、一杯800円程度で済みます。

 

人生でネコの糞を飲むこともそうそうないと思ったので、これは飲むしかないなと思い、飲んできましたよ。ネコの糞を。

 

グランド・インドネシアという巨大モールの中のカフェに行った

「コピ・ルアク」は希少性が高いコーヒーなので、近所のカフェで飲むとかそういうノリで飲むものではありません。スーパーなんかでも市販で売っていたりはするんですけど、「コピ・ルアク」の含有率が5%とかだったりするので、正直ちゃんと「コピ・ルアク」を飲んだ気はしませんね。

本来であれば、バリ島やジョグジャカルタのコーヒー農園に行って、飲むなり買うなりするのが一番良さげだったんですけど、ジャカルタにコーヒー農園はないので、グランド・インドネシアという巨大ショッピングモールの中にあるカフェで飲むことにしました。

 

f:id:sentimental-monkey:20190813010103j:image

グランド・インドネシアは、日本でいうところの銀座みたいなところですね。

 

f:id:sentimental-monkey:20190813010138j:image
f:id:sentimental-monkey:20190813010133j:image

西武百貨店や無印良品、吉野家、大阪王将などの店も入っています。

 

f:id:sentimental-monkey:20190813010159j:image

この店で飲みました。

 

コピ・ルアクを実飲!

店内に入ると、いかにもお金を持っていそ〜な人たちがたくさんいました。

インドネシアの物価でコーヒー一杯800円(約100000ルピア)って、めちゃくちゃ高いんですよね。

正直、ぼくは店の中で浮いていましたが、いやいや、そんなことを気にしていたら、美味しく飲めるものもちゃんと飲めなくなると、思い直しました。

 

注文して、しばらくすると、こんな感じで出てきました。

f:id:sentimental-monkey:20190813010233j:image
f:id:sentimental-monkey:20190813010236j:image

 

「コピ・ルアク」であることの鑑定書付きです。店員さんが目の前でコーヒーを入れてくれました。コーヒーカップもゴージャス。でも、飲むのはネコの糞。

 

では、実飲!!

 

 

ふーむ・・・。

f:id:sentimental-monkey:20190813010412j:image

 

f:id:sentimental-monkey:20190813010422j:image

ダバダバダ~↑ ダバダバダバダバダババァ↓ ダバダバダババーバ~♪

違いの分かる男。ネスカフェ・ゴールドブレンド。

 

美味しい。(語彙不足)

 

まろやか〜な味わい

普通のコーヒーとは明らかに違います。(違いの分かる男っぷりをアピール)

苦すぎず、酸味がきつすぎず、飲みやすい印象ですね。(自信ないなあ・・・)

甘さのないココアを飲んでいるみたいです。(たぶん・・・)

 

あ、でも、冗談抜きで、美味しかったですよ。

コーヒーとはまたちょっと違った感じ。

猫の糞とは思えない上品な味わいです。

 

けっこう、いい体験できましたね。

お土産で買っちゃおうかな。