あまのじゃくのきまぐれ

失敗談多めの、涙の味で塩辛いブログです。

【ジャカルタ滞在記】骨董品街スラバヤ通りで宝探しをしてきたよ【値下げ交渉の巻】

 

ユーミンの「スラバヤ通りの妹へ」のスラバヤ通りに行ってきた

先日、ジャカルタのスラバヤ通りに行ってきました。

ユーミンの「スラバヤ通りの妹へ」という曲に出てくる、スラバヤ通りです。

思わぬところで、日本と繋がっているものですね。

 

配車アプリ「Grab」は便利!

スラバヤ通りはチキニ駅の近くにあります。

 

ジャカルタ市内で電車で移動するのは、なかなか大変なので、自分は配車アプリを使って、スラバヤ通りまで行きました。

 

数分スマホで行き先などを指定すれば、自分は道路のあるところに立っているだけで、 その場に車がやってきてくれます。

とても楽チン。Grabを使う時はトラブル防止のため、車のナンバープレートをよく見ておくべきでしょう。

 

ちなみに料金は17000ルピア。

日本円にして、126円。くっそ安い。

 

まあ、運転手は適当なもので、アプリのプロフィール写真とは別人みたいだったし、運転手の評価を★5にしてくれと交渉してくる。いいよと言ったら、ガッツポーズして喜んでくれました。この適当な感じ、けっこう好きです。

 

亀のキーホルダーに10分の価格交渉

スラバヤ通りについた!

ここがいわゆる、骨董品通り。

f:id:sentimental-monkey:20190812003611j:image

f:id:sentimental-monkey:20190812004030j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812003602j:image

妙ちくりんな人形が奥から歩いてくる。

 

f:id:sentimental-monkey:20190812003616j:image

店の裏手にはドブ川があって、ヘドロのスメルがします。

ジャカルタにはそういう臭いドブ川があって、そういう地域に行くと、ヘドロ臭く、喉の奥から唾液が大放出。そんなところに、飲食の露店があったりするんだから驚きです。毛の禿げたドブネズミもけっこう見かけます。

 

f:id:sentimental-monkey:20190812003728j:image

f:id:sentimental-monkey:20190812003821j:image

ここにも猫がたくさんいます。ジャカルタは猫天国。

 

せっかく、スラバヤ通りに来たんだから何か買おうと思い、ぷらぷら回っていたのですが、お土産として丁度いいものが見つからない・・・。

このウミガメのキーホルダーしか・・・

f:id:sentimental-monkey:20190812003857j:image

なんだお前・・・ 

 

オリジナリティあるし可愛いかなと思い、このキーホルダーを売っていた歯抜けジジイにハウマッチと聞くと、250000ルピアとかぬかしてくる。(日本円にして1800円)

 

イラっと来たぼくは、舐められてたまるかと価格交渉開始。

 

ぼく「アイムソーリー。帰るわ」

歯抜け「待った待った。いくらで欲しいか、この紙に書いて」

 

数秒思案した挙句、ぼくは5000ルピアと書く。(日本円にして30円くらい)

 

30円と1800円。

とんでもない食い違い。これをなんとかするために、交渉というものはある。

 

歯抜け「食うにも困っているんだぜ」お祈りのポーズ。

歯抜け「200000ルピア」

ぼく「ノー」

歯抜け「150000ルピア。100000ルピア負けたぜ?」

ぼく「帰るわ」

歯抜け「ええい!100000ルピア」(100000ルピアは約800円)

ぼく「もう一息」

歯抜け「90000ルピア」

ぼく「10000ルピア」

歯抜け「75000ルピア」

ぼく「30000ルピア(はあ、疲れた)」

歯抜け「50000ルピア」

ぼく「よし。買った!」(400円ほど)

 

ちなみにこの交渉10分はかかりました。

このチンケな亀のアクセサリーに・・・。

f:id:sentimental-monkey:20190812003659j:image

 

購入後、この亀のアクセサリーをぼんやりと見ていたら、50000ルピアでも高かったんじゃないかという気がしてきました。見れば見るほど、ムカつく顔をしています。

 

チキショー。

最初の250000ルピアをふっかけられた時点で、精神的に負けていたんだなと思い、なぜか悔しい思いをしました。日本で考えたら、50000ルピアでも安いっちゃ安いんですけどね。

 

最後に骨董品の写真

せっかくなので、スラバヤ通りの店先に飾りつけてある、骨董品の写真を撮ってきました! 

骨董品もどきっぽいのもたくさんあり、店員も相当やる気ないですけど、シュールなものもたくさんあり、楽しかったですよ。(他の店の店員のやる気のないところを見ると、歯抜きジジイはかなり頑張っている)

f:id:sentimental-monkey:20190812004026j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812003958j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812004022j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812004008j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812004018j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812004003j:image
f:id:sentimental-monkey:20190812004011j:image

 

かなり写真映えしますね。

ジャカルタでも有名な通りらしいので、機会があれば行くことをおすすめします。

見ているだけでも、変なものがいっぱいあって、楽しめると思いますよ。

ユーミンの歌にもなっているし。