あまのじゃくのきまぐれ

基本的には雑記と書評をやってます。

【休職日記】春はせわしない。温度調節難しい。鼻水が止まらない。【退職決意の巻】

f:id:sentimental-monkey:20190330194247j:image

春はせわしない。

桜は咲いたかと思ったら、一瞬で散る。桜が咲いたと報道されれば、なんかの虫みたいにいっせいに桜の木の下に群がりビニールシートをおっ広げる。散り去れば、桜の下で清掃員が忙しい。スギとヒノキの花粉が春一番に流されて、人類の鼻を機能不全にする。鼻水が止まらない。気温も暖かいかと思ったら、寒くなる。気圧の変化のためか、少し眠い。外を出歩けば、卒業生、入学生、就活生、新入社員。会社を辞めることを決意した者にとっては、少々苦々しい思いがする。決算月で忙しかったり、卒業、入学とかクラス替え、人事異動で環境の変化が起きやすいのもこの季節。5月病なんてものを発症する人もいる。

f:id:sentimental-monkey:20190330195515j:image

 

さてさて、2月の中頃から適応障害を発症し、休職していたわけだけど、ついに退職を決意した。人事には4月復帰と話していたが、人事に現状報告することを考えるだけでも嫌な気分が脳裏に蘇ってくることを考えると、4月1日に復帰するのは難しそうだった。そのことを人事に相談すると、4月17日までしか休職できないらしい。

プログラミングの研修に行かせてもらえず、険悪な職場の雰囲気のなかで磁気テープの媒体変換の仕事をひたすらこなさなきゃいけないのなら、復職する意味はどこにもない。スキルもほとんど身につかないのに、時間と体力の無駄遣いだなと感じてしまう。4月17日までしか休職できないというのも変な話ではある気はするが、あの頭の硬い会長や嫌がらせをしてくる上司を相手にするのは、ただひたすらにめんどくさい。正直モチベーションアップ株式会社とかいう会社が作った胡散臭い研修ビデオを全社的に見ている会社とこれ以上関わるのは勘弁こうむりたい。

 

(なお、モチベーションアップ株式会社製作のビデオを上司も含め、社員が真面目な顔をして一生懸命にメモをとっているのは絵面としては面白かった。ただでさえ仕事にモチベーションのない社員が、こんなくだらないビデオの内容を一生懸命にメモるのは、研修ビデオの内容確認のテストがあるためなのだが、結局、上司が若手社員にメモを取らせて、上司がその内容を確認するだけしてテストを乗り切るという構図には辟易した。それにしても、ぼくはギャグの台本でも書いているのだろうか。復職しても、溜まった分の研修ビデオを見なければならないのがオチではないか。ダハハ、あんな会社辞めて当然だ)

f:id:sentimental-monkey:20190330192444j:plain

検索したら出てきたモチベーション株式会社のポスター

 

プログラミングを学ぶのでも、わざわざ会社の研修に行かなくても、ドットインストールとかProgateなどのサイトを使えばプログラミングの知識は習得できる。それに、ものを書いたりして自分のやりたいことに挑戦する時間もできる。

自分がどういうことをして生きていくのかはまだ分からないが、一日一日を大切にしていきたい。