あまのじゃくのきまぐれ

基本的には雑記と書評をやってます。

インスタ映えを狙っている訳じゃない!!写真初心者が一眼の魅力を考えてみた

f:id:sentimental-monkey:20180730011038j:plain

台風直前に多摩川で撮った写真です
なぜ一眼レフを買ったのか
 
一眼レフを買わなくともスマートフォンさえあれば、かなりクオリティの高い写真を撮ることができます。シャッターをきりたい時でも、一眼レフよりもスマホの方がすぐに取り出すことができますし、一眼レフは嵩張るうえにカバンから取り出しにくい。それに一眼レフを持ってないときに限って、シャッターに収めたいシーンが訪れたりするも

のです・・・。そんな時は、結構悔しい思いもします。

それでも一眼レフを大枚はたいて買ったことを後悔していませんし、買っておいて良かったなあと思います。旅行に行く時も、旅行先でいかにいい写真を撮るか考えるのも1つのアクセントとして旅行の楽しみが増しますし、良い趣味になります。それだけじゃありません。
わざわざ一眼レフを買った目的。それは、誰も見たことがない表現で写真を撮ることに憧れているからです。
一眼レフならば、スマホに比べて、いくらでも独自性を出しやすいです。焦点距離やF値といったものを自在に操ることができるのは、一眼レフやミラーレスだからこそできることです。写真の表現に幅を持たせることができます。僕自身、一眼レフの初心者ではあるものの、レンズをカスタマイズすることの面白さも感じています。
 
"インスタ映え”を撮るのは簡単
 
綺麗な写真を撮るのは簡単なことだと最近感じています。俗にインスタ映えと言われているあれです。極端なことをいえば、画像を加工すれば、目ん玉の水晶体を痙攣させる写真なんぞいくらでも作れます。さらにいうなら、有名な観光スポットに行けば、綺麗な写真は余るほど撮れます。インスタ映えすると話題の綿菓子なんかを写真に撮って、少し加工してインスタにあげれば、見栄えも良いでしょう。
綺麗な写真を撮って、自慢をしたい願望はあります。いかに眼球に映った時に感じたイメージや感情を写真に封じ込めることができるのか、格闘します。一眼レフの方が画素数が良かったり、わざとぼかすことができるので綺麗な写真は撮りやすいでしょう。それでも、綺麗な写真というのは、綺麗な対象物を撮れば、もしくは画像に加工を施せば、いくらでも作れてしまうものなのです。結局、スマホで撮ろうが、一眼レフで撮ろうがある程度のクオリティの綺麗な写真は一様に撮れます。
 
写真で独特な表現を出すのは困難
 
スマホではなく、一眼レフで写真を撮ることの一番の意義は、写真を撮ることに集中できるということです。集中せずとも、写真を撮る場合は‘‘記録”するための場合が多いと思います。一方、写真を通して何かを‘‘表現”したいと思う時、スマホでぽちっと写真を撮るわけにはいかないでしょう。F値やホワイトバランス、シャッター時間、傾いていないかを考慮して、何よりも構図を考えて写真を撮らなければ、人を感動させる写真を撮ることは難しいのです。絵画ならまだ独自性を出しやすいですが、写真となると撮影者個人の独自性を表現するのは難しくなってきます。同じ現実世界からそのまま現実を映し出すわけなので、構図と設定でしか勝負することができません。独自性のある写真を撮るなら、他の人がやったことがないような写真を撮らなければなりません。その点で、インスタ映えを狙うこととは正反対に近いことをやらなくてはなりません。
 
独自性のある写真を撮ることは羞恥心との戦いである
 
他人との違いを出すということは、様々な情景やシチュエーションで写真を撮りまくらなければならないでしょう。となれば、傍から見て、なんでこんなところで一眼レフなんか構えて写真撮っているの?と思われることを覚悟して写真を撮らなければなりません。独自性を出すということは、そういうものだと思います。自意識過剰なぼくにとって、かなりハードルの高いことでもあります。例えば、独自性を出そうとして、セミの死骸ばかり撮っていたら、かなりの変人でしょう。誰かがモデルになってくれるような人脈もないですし、コミュ力もないです・・・。
独自性のある写真を撮るには、もっと頭を使ってアイデアをひねり出すか、自意識過剰を治すか、写真を撮りまくるか、どれか一つを徹底的に実践してみるか、全部やってみるかしかないようです。難しい・・・
 
一眼レフを買った後に気づいた楽しさ
 
一眼レフを持ってどんな写真を撮ろうかと考えることって、全然苦しいものでもなく、むしろワクワクするものです。散歩なんかしていても、この角度からこんな構図で撮ったら面白いのではないか?とか奇抜じゃないか?とか思ったりします。ある程度、撮っていると自然に視界がファインダー越しの世界のように思えるようになってきて、そう思えるようになった時、ある程度写真も上達しました。
こんな時は、インスタ映えを狙って、同じ場所で同じ対象を撮るときには得られない楽しさがあります。観光地で綺麗な写真を撮っていても、楽しいんですけどね。
初心者なりに独自性のある写真を撮るチャレンジもしていきたいです!
 
ちょっとだけ一眼レフやミラーレスに興味があるなと思う人でも、買ってみたら写真の世界に虜になってしまうんじゃないかなと思います。中古機ならそれなりに安値で購入できますし、新しい世界に踏み込むためにも、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか?